結局おすすめの仮想通貨の取引所は?無駄な比較なし!おすすめ取引所1選

仮想通貨

BTCを筆頭に仮想通貨が再び急騰していて、2017年のバブルを彷彿とさせる相場が続いていますね。

これを機に仮想通貨トレード始めてみようと思う初心者トレーダーの方や別のアセットでトレードしていて仮想通貨もやってみようかなという方が増えていると思います。

この記事では意味のない比較は一切なしにして、なおかつおすすめの取引所を1つに絞りました!

取引所を調べている間にトレードへのモチベを消耗しないようこの記事を読んだらすぐ登録して仮想通貨トレードを始めましょう!

スポンサーリンク

はじめに

いざ仮想通貨トレードをはじめようと思って取引所を調べてみても検索結果として出てくるのはただただ取引所を列挙したようななんの役にも立たない記事ばかりだと思います。

「仮想通貨 取引所 比較」と調べても取引手数料とスプレッドについて説明もせずに販売所を手数料0円と表記している記事も目にしました。


こんな記事を見ていてはいつまで経っても取引所を決められず、ただただやる気が削がれていくだけです。

それは非常にもったいないことだと思ったので今回このような記事を書くことにしました。

少しでも皆さんの役に立てば幸いです。


それでは始めます。

比較すべき点

まず取引所を決めるにあたって比較すべき項目がいくつかあります。

  1. 取引時の手数料
  2. 取引の多さ
  3. わかりやすさ・調べやすさ

各項目について見ていきましょう。

取引時の手数料

仮想通貨を売買するときには手数料がかかります。
その手数料の取り方が取引所と販売所で違うことに注意してください。


手数料の違いについて説明する前に取引所と販売所の違いについて説明します。

取引所と販売所の違いはざっくりこのようになっています。

  • 取引所:人と人の間で売買をする。板取引。手数料が安い。
  • 販売所:人と販売所の間で売買する。手数料が高い。

売買時の手数料は安いほどいいので(結局売買するものは変わらないため)、取引所をおすすめします。


そして本題の手数料についてです。
取引所と販売所ではそれぞれこのように手数料を取ることが多いです。

  • 取引所:取引手数料として売買金額のXX%取られる。
  • 販売所:売買時のビットコインの値段に対して買うときはいくらか上乗せされ、売るときはいくらか安くして買い取られる。

販売所での買うときの値段と売るときの値段の差をスプレッドと言い、このスプレッドが広いほど手数料が多いということになります。

こういったことを説明せずに「販売所は手数料が0円なのでおすすめです」といってアフィリエイト報酬の高い取引所に誘い込む記事がありますが、実際にはスプレッドという形でそれより高い手数料を払うことになるので注意してください。

取引の多さ

トレードをしたことがない人からすると取引の多さって大事なの?と思うかもしれません。

しかし取引の多さは割と大事な要素の一つです。


もし取引が少ない取引所を使っていて、価格の急落が起きた場合について考えてみましょう。

取引所は人と人の間での取引なのでいくら価格が下がっていて自分が売りたくても、買い取ってくれる相手がいなければ取引は成立しません。

もちろん主要な取引所であれば相手がいないなんてことは起こりませんが、売買時の価格が飛びやすくなるのでその分だけ安く売ってしまいかねません。

無駄な損失を抑えるためにも取引量の多さは大事なのです。

わかりやすさ・調べやすさ

初めて仮想通貨のトレードをするのであれば最初の取引所は使いやすいに越したことはありません。

Binanceなどの海外取引所は豊富な種類の仮想通貨を取り扱っているためその分チャンスがたくさんあるように錯覚してしまいます。
しかし初心者の方がたくさんある草コインの中からピンポイントで上がる銘柄を的中させるなどはっきり言って夢のまた夢です。

初心者の方はまず国内取引所のような使い方がわかりやすい取引所から始めるべきだと私は思います。

海外取引所は国内である程度トレードして、仮想通貨の情報収集等に慣れてからでもまったく遅くありません。

使い方で迷ったときに調べれば日本語情報がたくさん出てくること、日本語で問い合わせができることは必ずあなたを助けます。

おすすめ取引所1選

ここまでのポイントを踏まえた上で私がおすすめする取引所は bitFlyer です。

それぞれのポイントについて情報をまとめてみます

  1. 手数料:bitFlyerの手数料は取引所であれば 0.01% とかなり安い部類に入ります。
  2. 取引量:bitFlyerは国内取引所でずば抜けて取引量が多いので不要な価格飛びによる損失を避けられます。
  3. 使いやすさ:国内の取引所なので何か困ってもググればたいてい出てきますし、最終手段として問い合わせもできます。損益グラフも見やすいです。

以上の理由からこれから仮想通貨を始めたい人は bitFlyer 一択で問題ないです。

この記事を読んだあなたはこれ以上取引所調査で消耗せず、すぐに口座を開設してしまいましょう!

口座開設はこちら。

口座開設の手順はこちらの記事が画像を使って丁寧に説明されているのでわかりやすいです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
あなたに寄り添う、暗号資産のパートナー

一応他の取引所の良いところも紹介

一応他の取引所のいいところもこちらにまとめておきます。

GMOコイン

GMOコインは取引量が少なすぎるのでメインの取引所としてはあまりおすすめできませんが、送金するための取引所として使う分にはとてもおすすめです!

日本円の入出金、仮想通貨の送金手数料のどれもが無料なので、日本円から仮想通貨に換えて送金というのを無料でできます。

なので海外取引所に送金する際は私もよくGMOコインを使っています。

bitFlyerともう1つ口座開設するとしたら間違いなくGMOコインがおすすめです。

口座開設はこちら。

口座開設の手順はこちらの記事がわかりやすいです。

【最短10分】GMOコインの登録・口座開設方法!実際の手順を画像と動画で解説! | CoinPartner(コインパートナー)

Binance

海外取引所として一番くらいに有名なのがこのBinanceです。

Binanceでは国内取引所とは比較にならないほどの数の仮想通貨を扱っています。

もちろんその草コインの中には◯倍になるような夢のようなものもあったりします。

少し慣れてきた人は口座開設しておいてもいいかもしれません。
(下はアフィリエイトリンクになります。よろしくおねがいします。)

口座開設はこちら。

注意点としてBinanceには日本円を入金できないので、GMOコインから仮想通貨で送金する必要があります。

口座開設の手順はこちらの記事が2段階認証まで丁寧に説明されていてわかりやすいです。

coincheck

coincheckはbitFlyerと並んで有名な国内取引所の1つです。

GMOコインと同じでbitFlyerと比べると取引量が少ないですが、coincheckの一番のいいところはアプリのUIがすごいイケてるところです。

アプリのグラフ等も見やすいですし、色使いもとてもいいのであまり頻繁にトレードするつもりがない人で、アプリが見やすい方がいいと言う人はcoincheckも開設してもいいと思います。

口座開設はこちら。

口座開設の手順はこちらの記事が届くはがきの画像まで丁寧にあげられていてわかりやすいです。

終わりに

ここまでで仮想通貨の取引所の比較ポイントと結局一番のおすすめはどれなのかということについて説明してきました。

この記事がアフィリエイト「だけ」を目的とした質の低い記事に振り回される人を1人でも多く助けられればと思います。

みなさんが仮想通貨で一旗揚げられるよう祈っています。


当ブログではTrading viewというチャートを見るためのサービス内で使えるPineスクリプトというプログラミング言語についても解説しています。

プログラミングをやったことがない人でもわかるようできるだけ噛み砕いて説明してますのでぜひ読んでみてください。


今回はここまでです。お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました